/

この記事は会員限定です

経団連、軽減税率「与党に従う」 条件付き容認伝達

[有料会員限定]

安倍晋三首相が検討を指示した消費税の軽減税率をめぐって、経団連幹部は条件付きで導入を容認する考えを与党側に伝えた。中小企業の負担ができるだけ多くならないように同時に要請したうえで「税制は最終的には与党が決めることだ。熟議のうえでの結論ならば従う」との考えを伝えた。一方、中小企業を束ねる日本商工会議所はなお、導入に反対している。

経団連幹部は14日に公明党の会合に出席し、中小への配慮を前提に軽減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン