/

首相の訪ロ日程、日ロ次官級が詰めの協議

日ロ両政府は15日午前、都内で外務省次官級協議を開いた。対ロ外交を担当する原田親仁政府代表と、モルグロフ外務次官が出席。4月末~5月上旬の大型連休中に予定する安倍晋三首相のロシア訪問に向け、具体的な日程を調整する。

協議の冒頭、原田氏は「日ロ関係は肯定的な流れが続いている。有意義な協議を行いたい」と述べた。モルグロフ氏は「信頼的な雰囲気を継続したい」と話した。

春にラブロフ外相が来日し、岸田文雄外相と会談することも話し合われる。北朝鮮の核実験やミサイル発射を巡る国連安全保障理事会の制裁決議に関しては、日本は常任理事国のロシアに協力を求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン