生前退位、再び賛否割れる 専門家ヒアリング2回目

2016/11/15 1:19
保存
共有
印刷
その他

政府は14日、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)の第4回会合を開いた。専門家への2回目の意見聴取を実施し、学者やジャーナリストら6人から退位の是非や法整備のあり方などについて見解を求めた。4人が退位に慎重な姿勢を示す一方、2人は容認するなど、7日に実施した初回と同様、賛否両方の意見が出た。

上智大名誉教授の渡部昇一氏は「天皇の仕事の第一は国民のために祈ることだ。本当…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]