2019年1月24日(木)

基礎的財政赤字、6兆円台半ばに拡大 軽減税率で

2016/1/15 0:24
保存
共有
印刷
その他

2020年度時点の国と地方の基礎的財政収支の赤字額が6兆円台半ばに膨らむ見通しとなった。内閣府が昨年7月に示した中長期財政試算では6.2兆円だったが、消費税の軽減税率導入に伴う代替財源が確保されていないことが影響し赤字額が増える。

月内の経済財政諮問会議に内閣府が中長期の財政試算を示す。財政試算は実質で2%、名目で3%以上の成長率を前提とした。

17年4月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率では1兆円規模の減税となる見通し。このうち6000億円程度は財源のメドが立っていない。その分、20年度の赤字額が増える。

基礎的財政収支は政策経費を税収などでまかなえているかを示す。政府は20年度までに基礎的財政収支を黒字化するとの目標を事実上の国際公約としている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報