/

基礎的財政赤字、6兆円台半ばに拡大 軽減税率で

2020年度時点の国と地方の基礎的財政収支の赤字額が6兆円台半ばに膨らむ見通しとなった。内閣府が昨年7月に示した中長期財政試算では6.2兆円だったが、消費税の軽減税率導入に伴う代替財源が確保されていないことが影響し赤字額が増える。

月内の経済財政諮問会議に内閣府が中長期の財政試算を示す。財政試算は実質で2%、名目で3%以上の成長率を前提とした。

17年4月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率では1兆円規模の減税となる見通し。このうち6000億円程度は財源のメドが立っていない。その分、20年度の赤字額が増える。

基礎的財政収支は政策経費を税収などでまかなえているかを示す。政府は20年度までに基礎的財政収支を黒字化するとの目標を事実上の国際公約としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン