厚労省、ブラック企業早期公表 長時間労働是正勧告時

2015/5/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は違法な従業員の長時間労働を繰り返す大企業に対し、是正勧告の段階で社名を公表する方針を固めた。毎月の残業時間が月100時間を超す従業員が一定割合を占める状況を対象にする方向だ。これまでは是正勧告に従わず、書類送検した企業だけを公表していた。過酷な労働を強いる「ブラック企業」の監視を強め、労働環境を改善させる。

塩崎恭久厚労相が18日に臨時で全国労働局長会議を開いて指示する。対象になるの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]