/

この記事は会員限定です

アップルとグーグル、アプリで競争相手排除も

経産省報告

[有料会員限定]

経済産業省はスマートフォン(スマホ)アプリの流通で絶大な支配力を持つ米アップルやグーグルなど「プラットフォーマー」の取引実態に関する報告書をまとめた。アプリ内で決済手段に厳しい制限が課されたり、アプリ開発者が価格を自由に設定できない点などを指摘。独占禁止法にはただちに抵触しないものの「競争相手の排除につながる」とする異例の見解を示した。

今年1月設置された経産省の研究会がまとめた。公正取引委員会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン