安保政策転換点に、歯止め策焦点 関連法案を閣議決定

2015/5/15 1:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は14日の臨時閣議で、安全保障関連法案を閣議決定した。歴代政権が禁じてきた集団的自衛権の行使が可能になるほか、海外での自衛隊の活動も大きく広がり、戦後の日本の安保政策は転換点を迎える。安倍晋三首相は記者会見し「世界の平和と安定にこれまで以上に貢献していく」と強調した。5月下旬に始まる国会論戦では、活動の歯止め策が焦点になる。

関連法案は15日に国会に提出する。政府・与党は6月24日までの会期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]