政府、安保法新任務認める ミサイル防衛の米艦給油

2017/9/14 22:51
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 菅義偉官房長官は14日の記者会見で、海上自衛隊の補給艦が安全保障関連法に基づき、日本海などで北朝鮮の弾道ミサイルを警戒する米イージス艦に給油していることを事実上認めた。

 平時のミサイル警戒中の米軍への物品提供は、2015年の安保法制定と今年4月の日米物品役務相互提供協定(ACSA)改定で可能になった。菅氏は「自衛隊が実際にそのような…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

官房長官政府菅義偉ミサイル防衛河野克俊海上自衛隊

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報