地方議員選でビラ解禁 改正公選法が成立

2017/6/14 19:41
保存
共有
印刷
その他

都道府県や市、特別区の議会議員選挙で選挙運動用のビラ配布を解禁する改正公職選挙法が14日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。2019年3月1日に施行され、これ以降に告示される選挙から適用される。同年の統一地方選ではビラ配布が可能になる。

候補者1人あたり、都道府県議選では1万6000枚、政令指定都市の市議選では8000枚、それ以外の市の市議選と特別区議選では4000枚を配布できる。各議会が条例で定めれば、ビラの作製費用を公費で負担できる。

国政選挙や地方自治体の首長選挙ではすでに配布できる。町村議選は、今回の法改正による配布解禁の対象外だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]