/

この記事は会員限定です

TPP、カナダ出遅れ NZの乳製品固執も懸念材料

[有料会員限定]

大詰めを迎えている環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、カナダによる協議の遅れが懸念材料に浮上してきた。ニュージーランドも日米やカナダへの乳製品の輸出拡大に強硬で、交渉を難しくしている。7月末の大筋合意に向けては中核国の日米間でも難題が横たわるが、他の国々も多くの課題を抱えており、すべての国が問題を解決して合意できるか微妙な情勢になってきた。

甘利明経済財政・再生相は14日の記者会見で「間に合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン