/

酒の安売り競争に歯止め 自民、議員立法を提出へ

自民党は14日、財務金融部会などの合同会議を開き、量販店が酒類を安売りする競争に歯止めをかけるため、酒税法などの改正案を議員立法で今国会に提出する方針を了承した。酒類の製造や販売に関する取引基準を法案に盛り込み、命令に従わない業者は免許を取り消すのが柱。値下げ競争の激化で疲弊する「町の酒屋」の経営を支援するのが狙いとしている。

今国会での成立をめざす。ディスカウント店などで採算を度外視した価格での販売を抑制する。酒類の価格が上がれば家計の負担は重くなる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン