/

この記事は会員限定です

衆院定数10減を答申 選挙区7増13減、比例1増5減

[有料会員限定]

衆院議長の諮問機関「衆院選挙制度に関する調査会」(座長・佐々木毅元東大学長)は14日、現行475の議員定数を10減らし、戦後最少の465とする答申を大島理森議長に提出した。内訳は小選挙区で7増13減、比例代表で1増5減。人口比をより反映する議席配分方式により、小選挙区の1票の格差を2倍未満にする。選挙区の境界を改める区割りを5年ごとに行うことも求めた。

実現には関連法の改正が必要だ。大島氏は記者会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン