/

この記事は会員限定です

監査法人に外部の目 金融庁、統治指針づくり着手

[有料会員限定]

金融庁監査法人が守るべき規範を示すガバナンス・コード(統治指針)づくりに着手する。経営陣に組織管理の徹底を促すほか、外部人材の活用などを求める内容とする。東芝の会計不祥事では担当した監査法人が利益の水増しを見逃すなどした。独立性の高い会計士をたばねる組織経営の強化を促し、監査の質の向上につなげる。

金融庁は15日から有識者による議論を始め、年内をめどに案をまとめる。柱となるのは監査法人の経営陣による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン