/

タイ暫定首相、食品輸入規制の緩和に前向き

安倍晋三首相は14日、タイのプラユット暫定首相と仙台市で会談し、東日本大震災後にタイが実施している食品輸入規制の早期撤廃を要請した。プラユット氏は「規制緩和に向けた検討を加速している。近く朗報をお届けできるだろう」と、前向きな姿勢を示した。

タイは宮城、福島、群馬の3県産の食品を対象に、放射性物質の検査報告を求めるなどの措置を取っている。

両氏は外務・防衛当局間の対話をはじめとする安全保障面の協力推進でも一致した。プラユット氏が東京から仙台まで東北新幹線を利用したことを踏まえ、タイの長距離鉄道の整備計画で協力を推進していくことも確認した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン