過度の弱気、解消が突破口 経済減速回避へ総力戦
米ピーターソン国際経済研究所所長らに聞く

2016/5/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は7カ国(G7)によるマクロ経済政策の協調が大きな焦点となる。日本やユーロ圏で政策金利がマイナスに突入した金融緩和政策はもう限界か。財政・構造政策に打つ手はあるのか。英フィナンシャル・タイムズ紙の名物コラムニストや国内外の識者の見方を紹介する。

ワシントンにある米シンクタンク、ピーターソン国際経済研究所のシニアフェロー、オリビエ・ブランシャール氏は国際通貨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]