/

首相「強い衝撃と怒り」 パリ同時テロで

【イスタンブール=島田学】安倍晋三首相は14日午前(日本時間同日午後)、パリで起こった同時テロについて「強い衝撃と怒りを覚える。いかなる理由があろうともテロは許されない。断固非難する」と述べた。訪問先のトルコ・イスタンブール市内のホテルで記者団に語った。「テロの未然防止に向けてフランスをはじめ、国際社会と緊密に連携し取り組む」と強調。「価値を共有するフランスが今、困難に直面しているとき、我々日本人はフランスの人々と常に共にある。強い連帯を表明する」とも述べた。

訪問先のトルコ・イスタンブール市内のホテルで記者団に語った。「海外の邦人の安全確保対策にも万全を期していく」とし、在外日本大使館を通じ邦人の安全確保に努めるよう指示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン