首相「強い衝撃と怒り」 パリ同時テロで

2015/11/14 16:50
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=島田学】安倍晋三首相は14日午前(日本時間同日午後)、パリで起こった同時テロについて「強い衝撃と怒りを覚える。いかなる理由があろうともテロは許されない。断固非難する」と述べた。訪問先のトルコ・イスタンブール市内のホテルで記者団に語った。「テロの未然防止に向けてフランスをはじめ、国際社会と緊密に連携し取り組む」と強調。「価値を共有するフランスが今、困難に直面しているとき、我々日本人はフランスの人々と常に共にある。強い連帯を表明する」とも述べた。

訪問先のトルコ・イスタンブール市内のホテルで記者団に語った。「海外の邦人の安全確保対策にも万全を期していく」とし、在外日本大使館を通じ邦人の安全確保に努めるよう指示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]