2017年12月14日(木)

新党、目玉政策に「一院制」 小池氏側近・若狭氏表明

2017/9/14 14:35
保存
共有
印刷
その他

新党のあり方について記者会見する若狭勝衆院議員(14日午後、衆院第1議員会館)

新党のあり方について記者会見する若狭勝衆院議員(14日午後、衆院第1議員会館)

 小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員は14日、年内の結成をめざす国政新党について、いまの衆参二院制を一院制に変えるための憲法改正を目玉政策に掲げる方針を発表した。新党結成に向けて協議している細野豪志元環境相や小池氏も賛同しているという。若狭氏は国会内で記者会見し「一院制に反対する人は新党のメンバーにはなることはない」と表明した。

 若狭氏は一院制の導入が議員定数削減や国会運営費の削減につながると主張。「衆参で同じようなことを繰り返し審議することは、スピーディーな国会運営の観点で極めて問題がある」と述べた。「国会議員は自分の議席があるので一院制の導入に消極的だ。『しがらみ政治』脱却の象徴として取り組んでいく」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府小池百合子若狭勝細野豪志一院制



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報