/

生乳の流通改革、早期実現を要請 規制改革会議

政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)の作業部会は14日、バターや牛乳の原料となる生乳の流通改革をテーマに都内で会合を開いた。酪農家が農協以外の民間業者に生乳を出荷する場合でも国の補助金を受け取れるようにするための法整備を早期に実現するよう農林水産省に要請した。

生乳の流通改革が実現すれば、酪農家は自由に販売先を選べるようになり、所得向上へ創意工夫を発揮しやすくなる。安倍晋三首相は通常国会に関連法案を提出する方針を示しているが、業界団体の反発もあり農水省の法案の作成作業は遅れ気味だ。委員からは「出荷先が自由に選べるようになることを酪農家にしっかり周知してほしい」との要望も出た。

菅義偉官房長官は14日の記者会見で「農業改革の極めて重要な肝だ。農水省で法案の作業を進め、50年ぶりの制度改革を進めてほしい」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン