/

この記事は会員限定です

メタボ・糖尿病、合宿で保健指導 厚労省が一定額を補助

[有料会員限定]

厚生労働省は特定健診(メタボ健診)指導対象者や糖尿病の疑いがある人向けに、ホテルや旅館で泊まり込みで保健指導する健康保険組合や企業を募集する。2月中に募集し、10~20団体の参加を見込む。参加人数は1000人程度を想定し、一定額を補助する。

厚労省が4月から始める「スマート・ライフ・ステイ」と呼ぶ保健指導は、医師、保健師、管理栄養士が宿泊先に同行し、運動や食事を指導する。糖尿病などの説明を受けるほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り251文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン