/

首相指示「緊張感持ちテロ対策を」 パリ同時テロ受け

トルコ訪問中の安倍晋三首相は14日午前、パリ同時テロを受け「テロ対策に一層緊張感をもって当たるように」と菅義偉官房長官に指示した。菅長官が首相官邸で記者団に明らかにした。

菅長官は「卑劣極まりないテロ行為で強い衝撃と憤りを覚える。犠牲者に心から哀悼の意を表し、負傷された方にお見舞い申し上げる」と表明。「現在のところは邦人の被害は確認されていない」としたうえで「テロの未然防止のため国際社会と連携し取り組んでいく」と強調した。

政府は日本時間午前7時ごろにパリの日本大使館に現地対策本部を設置。フランスに滞在する在留邦人や旅行者に一斉メールを送り、注意を喚起した。官邸には情報連絡室を設置し、菅長官や杉田和博官房副長官らが現地情勢の報告を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン