2019年1月24日(木)
速報 > 人事 > 記事

国税庁長官に迫田氏 財務省主税局長には星野氏

2016/6/14 11:43
保存
共有
印刷
その他

政府は14日の閣議で財務省の幹部人事を決めた。田中一穂次官(60)の後任に佐藤慎一主税局長(59)が昇格することが正式に決まった。中原広国税庁長官(57)は退任し、後任には迫田英典理財局長(56)を起用する。佐藤氏の後任の主税局長は星野次彦国税庁次長(56)を充てる。

理財局長には佐川宣寿関税局長(58)を、国際局長には武内良樹近畿財務局長(56)をそれぞれ起用する。関税局長には国際通貨基金(IMF)の梶川幹夫理事(57)を充てる。財務総合政策研究所長は国際機関「AMRO」の根本洋一前事務局長(56)を起用する。

17日に発令する。浅川雅嗣財務官(58)や福田淳一主計局長(56)は留任する。

迫田 英典氏(さこた・ひでのり=国税庁長官)82年(昭57年)東大法卒、旧大蔵省へ。総括審議官、15年理財局長。山口県出身、56歳。

星野 次彦氏(ほしの・つぐひこ=主税局長)83年(昭58年)東大法卒、旧大蔵省へ。主税局審議官、15年国税庁次長。愛知県出身、56歳。

佐川 宣寿氏(さがわ・のぶひさ=理財局長)82年(昭57年)東大経卒、旧大蔵省へ。国税庁次長、15年関税局長。福島県出身、58歳。

武内 良樹氏(たけうち・よしき=国際局長)83年(昭58年)東大法卒、旧大蔵省へ。国際局次長、15年近畿財務局長。東京都出身、56歳。

梶川 幹夫氏(かじかわ・みきお=関税局長)82年(昭57年)東大法卒、旧大蔵省へ。国際局次長、14年IMF理事。愛知県出身、57歳。

根本 洋一氏(ねもと・よういち=財務総合政策研究所長)82年(昭57年)東大法卒、旧大蔵省へ。12年AMRO事務局長。神奈川県出身、56歳。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報