/

この記事は会員限定です

TPP交渉、米がネット著作権強化を要求 違法投稿に削除義務

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉で、米国がウォルト・ディズニーやハリウッドなどのインターネット上の著作権保護の強化を要求している。著作権者の許可がないまま違法に映像が投稿された場合、その国の通信事業者が投稿を削除するよう義務づけるのが柱。日本も歩調を合わせるが一部の新興国は反発しそうだ。

米国の通信事業者はネット利用者から著作権違反の疑いのあるネット投稿の情報が寄せられると、真偽にかかわらず直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り496文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン