日本郵便の最終赤字400億円 4~9月、人手不足響く

2014/11/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政グループの日本郵便の2014年4~9月期決算は、最終損益が400億円規模の赤字になったようだ。人手不足による人件費増などが響き、赤字幅は前年同期(37億円の赤字)から約10倍に広がった。旧ペリカン便との統合に失敗して損失を計上した10年4~9月期に次ぐ規模の大幅な赤字となった。

14日午後に発表する。物流業界では人手不足でドライバーの賃金などが上昇し、コスト増につながっている。人手不足は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]