/

外務次官に杉山氏決定 アジア大洋州局長は金杉氏

政府は14日の閣議で、外務省の斎木昭隆次官が退任し、後任に杉山晋輔外務審議官(政務担当)を充てる人事を決めた。杉山氏の後任には秋葉剛男総合外交政策局長を起用。長嶺安政外務審議官(経済担当)は官房付とし、後任に片上慶一欧州連合(EU)代表部大使が就く。

新たな総合外交政策局長には石兼公博アジア大洋州局長、同氏の後任には金杉憲治経済局長が就任する。経済局長に米国公使の山野内勘二氏を充てる。いずれも発令は14日付。

杉山 晋輔氏(すぎやま・しんすけ=事務次官)77年(昭52年)早大中退、外務省へ。アジア大洋州局長、13年6月外務審議官(政務担当)。愛知県出身、63歳。

秋葉 剛男氏(あきば・たけお=外務審議官)82年(昭57年)東大法卒、外務省へ。国際法局長。15年10月総合外交政策局長。神奈川県出身、57歳。

片上 慶一氏(かたかみ・けいいち=外務審議官)79年(昭54年)東大法卒、80年外務省へ。経済局長。14年7月欧州連合代表部大使。東京都出身、62歳。

石兼 公博氏(いしかね・きみひろ=総合外交政策局長)81年(昭56年)東大法卒、外務省へ。国際協力局長、15年10月アジア大洋州局長。山口県出身、58歳。

金杉 憲治氏(かなすぎ・けんじ=アジア大洋州局長)83年(昭58年)一橋大法卒、外務省へ。韓国公使、15年10月経済局長。東京都出身、56歳。

山野内 勘二氏(やまのうち・かんじ=経済局長)84年(昭59年)東京外大インドシナ語学科卒、外務省へ。アジア大洋州局兼南部アジア部参事官、13年5月米国公使。長崎県出身、58歳。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン