/

大戦の位置づけ議論、「侵略」に言及も 70年談話有識者懇

安倍晋三首相が戦後70年にあたり今夏に発表する談話を検討する有識者懇談会は13日、首相官邸で2回目の会合を開いた。初回の会合で首相が示した5つの論点のうち「20世紀の経験からくむべき教訓」を議題とし、先の大戦の位置づけを巡り議論した。座長代理の北岡伸一国際大学長は終了後、記者団に「日本は侵略戦争をした」との持論を展開したことを明らかにした。

首相は初会合で「20世紀の世界と日本の歩みをどう考えるか。20世紀の経験からくむべき教訓は何か」との論点を提示。13日は有識者がこの論点に沿った意見を表明し「20世紀は光と影の両方の部分があった」との認識を共有した。座長を務める日本郵政の西室泰三社長は終了後、記者団に「影の部分は大恐慌や世界大戦で、各国に影響した。それをしっかりと見据え、これから先の議論をやっていく」と語った。

次回の会合では「戦後日本の平和主義・経済発展・国際貢献への評価」について議論する。論点に沿って数回会合を開いた後、7月に首相に報告書を提出する予定だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン