首相「消費税率は10%まで」 財政再建で発言

2015/3/13 21:08
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は13日の衆院財務金融委員会で「10%までは消費税を引き上げていくが、それ以上の消費税の引き上げで税収を増やすことは考えていない」と述べた。政府は税収などで政策経費をどのくらい賄えるかを示す基礎的財政収支を2020年度に黒字化する目標を掲げる。首相はまず17年4月に消費税率を10%にするとしたが、その後の対応は明言しなかった。

首相は昨年11月、15年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを1年半延期することを決めた。政府は今夏までに新しい財政健全化計画をつくる。首相は「構造改革を進めていくことでどういう効果が出るかも議論していく必要がある」と語った。

内閣府の試算では消費税率を10%に引き上げ、名目で毎年3%超の高い成長を続けても、20年度に9.4兆円の赤字が残る。首相は「政府で行っていた部門を民間に任せることで歳出の削減を図れるだろうし、産業として様々な活力を生み出していく。それがさらなる税収を生んでいく可能性もある」と強調した。いずれも民主党の古川元久氏への答弁。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]