増税再延期、G7の財政政策主導 問われる説明責任

2016/5/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は消費増税の再延期で、世界経済の不安を払拭するため財政政策で主要7カ国(G7)を主導する姿勢を示す。7月の参院選に向けて脱デフレへの強い決意を示す狙いもある。ただ財政規律への影響や社会保障の充実に必要な財源をどう確保するかなど説明責任が問われるのは必至。国債の信認への影響や参院選でのアベノミクス批判にどう対応するかも課題になる。

26~27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)では不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]