GDP、住宅投資に失速感 「節税貸家」一服で

2017/2/13 12:11
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 国内総生産(GDP)の内需の柱の一つである住宅投資に失速感が出ている。内閣府は13日、2016年10~12月期GDP速報値を公表した。住宅投資は前期比0.2%増となり4四半期連続のプラスを保ったが、伸び率は大きく鈍った。相続税の節税対策で急増していた貸家目的の住宅着工が一服したことが要因だ。市場関係者の間では1~3月期にはマイナスに転じる見方もあり、内需の回復にとっては逆風となる。

 賃貸住宅が増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

GDPGDP速報値武田淳住宅投資節税貸家日本銀行

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 23日 21:30
23日 7:05
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
23日 22:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報