2017年11月19日(日)

自衛隊と米軍の一体運用 抑止力高める狙い

2017/9/14 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ▼自衛隊と米軍の一体運用 日米同盟のもと、自衛隊と米軍が共同で作戦や任務、訓練にあたること。米軍との共同訓練を通じて自衛隊の能力を高めるほか、日米の一体感を誇示して北朝鮮などへの抑止力向上を狙う。具体的な役割分担や共同作戦計画は日米の防衛協力指針(ガイドライン)に基づいて定める。

関連記事

 日米一体運用の代表例がミサイル防衛(MD)だ。自衛隊と在日米海軍は弾道ミサイルを迎撃できるイージス艦をそれぞれもち、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

ミサイル自衛隊米軍安倍晋三ドナルド・トランプ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報