/

訪日消費が原動力に 旅行収支55年ぶり黒字

日本の「稼ぐ力」の構造が変わってきた。財務省が13日発表した2014年度の国際収支統計によると、訪日客による消費が貢献して旅行収支は1959年度以来、55年ぶりに黒字となった。海外へのM&A(合併・買収)も増え、投資を通じた収益も過去最高を記録した。日本経済のけん引役は自動車や家電などモノの輸出から投資やサービスに移りつつある。

旅行収支は日本を訪れた外国人が宿泊や飲食などに使ったお金(受け取り)から、日本人が海外で支払ったお金(支払い)を差し引く。13年度の5304億円の赤字から14年度は2099億円の黒字になった。

原動力になったのが訪日外国人の急増だ。14年度は1467万人で過去最多になった。それに伴い、国際収支上の受け取りも2兆2344億円と過去最高になった。

訪日外国人数は08年のリーマン・ショックや11年の東日本大震災で落ち込んだ時期もあったが、一貫して増加傾向が続いている。アジアの近隣諸国・地域が豊かになったことに加え「東南アジアなど向け査証(ビザ)の発給要件の緩和や円安が後押ししている」(日本政府観光局)という。

同局によると、旅行収支が前回黒字だった1959年度は、訪日外国人数が18.2万人、海外に出かける日本人が5.7万人で日本を訪れる外国人のほうが多かった。日本の経済成長に合わせて出国する日本人数が増え、旅行収支も赤字が続いたが、訪日外国人数が盛り返している形だ。

海外に出かける日本人の数は東京五輪の開催や東海道新幹線の開業など高度成長期にあった1964年以降、増加傾向が続いていた。2000年代以降は横ばい圏だ。

日本人が海外の旅行先で使ったお金を示す旅行収支の支払いは14年度が2兆245億円で、前年から4%減った。14年度を通じて円相場は1ドル=103円台から120円台に下がった。日本人の購買力が大幅に弱まり、海外旅行が割高になったことも響いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン