辺野古移設、法廷闘争は必至 沖縄知事承認取り消し

2015/10/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸への移設をめぐり、政府と沖縄県による法廷闘争が避けられなくなってきた。翁長雄志知事は13日、辺野古の埋め立て承認を取り消した。防衛省沖縄防衛局は14日にも取り消しの効力停止などを石井啓一国土交通相に申し立てる。効力停止を受けて政府が埋め立ての本体工事に乗り出すなら、沖縄県は提訴し徹底抗戦するとしている。

沖縄県は2013年12月、公有水面埋立法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]