首相「日韓新時代築く幕開けに」 韓日議連会長と会談

2016/1/13 21:29
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は13日、首相官邸で韓日議員連盟の徐清源(ソ・チョンウォン)会長と会談し、従軍慰安婦問題を巡る日韓合意について「最終的、不可逆的に解決されたことをうれしく思う。日韓新時代を築く幕開けとしなければならない」と述べた。徐氏は「合意の精神が害されないよう管理していく必要がある」とする朴槿恵(パク・クネ)大統領のメッセージを伝えた。

同席した日韓議連の額賀福志郎会長によると、徐氏は合意について「朴大統領は歴代政府ができなかった解決を図ることができた。100%満足ではないが、今後もきちんと対応する努力をする必要がある」と評価した。朴氏はメッセージで今後の日韓関係について「好循環を生む環境づくりが大切だ」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]