/

民進・鈴木義弘氏が離党届 細野氏が会見に駆けつけ

民進党の鈴木義弘衆院議員は13日、党本部で大島敦幹事長に離党届を提出した。提出後、国会内で記者会見し「共産党と(の関係)は1度リセットすると言いながら、体制が見えてこない」と離党の理由を語った。

記者会見には、すでに民進党を離党している細野豪志元環境相も姿を見せた。「これからできる限り連携をしながら、政権を担える政党をつくるために一緒に協力していければいい」と鈴木氏に呼びかけた。

一方、連合の神津里季生会長は13日の記者会見で「離党するのであれば、残念ながら応援を続けることにはならない」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン