/

この記事は会員限定です

中国で「スパイ行為」 拘束相次ぎ注意呼びかけ

[有料会員限定]

政府が中国に滞在して仕事をしている日本人や観光客などが「スパイ行為」で疑われないよう注意喚起している。中国政府は2014年に反スパイ法を制定。北京市も今年4月にスパイ行為にかかわる情報を当局に通報すると奨励金を出す規則を施行した。港や空港、軍事施設の近くでは写真撮影をしないなどの自己防衛策が必要になる。

中国国内でスパイ行為などで拘束される日本人が相次いでおり、現在12人にのぼる。麻薬取引などほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン