/

沖縄振興策、米軍跡地利用は西普天間をモデルに

内閣府の沖縄振興審議会は13日、振興策に関する会長・専門委員会合を開き、振興策の中間評価をまとめた。観光、離島、北部振興、米軍基地の跡地利用の4項目について現状と課題を分析。跡地利用では、2015年3月末に返還された西普天間住宅地区(宜野湾市)が今後のモデルケースになるよう国が支援していくこととした。

一方、沖縄本島の北部地域では住民の所得がいまだに低く、企業の誘致など対策が必要だとした。沖縄県がつくる現行の沖縄振興計画(12~21年度)は今年が中間点にあたり、沖縄県は中間評価を踏まえて振興策を見直す。会合には石原宏高内閣府副大臣らが出席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン