/

この記事は会員限定です

著作物の2次利用 権利者見つからなくても可能

[有料会員限定]

著作物を2次利用して放送、出版、ネット配信などをするには著作権者の許可が必要になる。著作権法は権利者の死後50年間、著作権を保護する。著作物の伝達に重要な役割を果たしている番組の出演者、レコード制作者、放送事業者も「著作隣接権」と呼ばれる権利があり、許可が必要だ。

過去のテレビ番組では、出演した俳優や歌手と制作時にネット配信や輸出などの再利用について確認を取っていないケースが多い。権利者を見つけら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン