/

県議当選の元国会議員、副大臣や党幹部経験者も

41道府県議選の当選者には、国会議員からの転身組もいる。自民党が政権を奪還した2012年衆院選で落選した人が「くら替え」するケースが目立ち、民主党政権での副大臣や野党幹部経験者も含まれる。

衆院に3回当選し、野田政権で文部科学副大臣を務めた高井美穂氏は徳島県議選に無所属で出馬し、初当選した。北海道議選で議席を獲得した浅野貴博氏は新党大地の元代表代行。民主党元参院議員の大久保潔重氏は07年まで務めていた長崎県議に返り咲いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン