/

道府県議選、女性の当選過去最多 207人で全体の9%

41道府県議選の女性当選者数は207人で、8年前に44道府県議選が行われた際の190人を上回り、過去最多を記録した。全当選者2284人に占める女性の割合は9.1%で、この割合も過去最高となった。

女性当選者を政党別にみると、共産党が58人で最も多い。次いで民主党45人、自民党37人、公明党15人、社民党5人、維新の党1人。ほかに諸派が6人、無所属は40人だった。

道府県別では最多の神奈川が17人で、北海道13人、京都府12人、埼玉、兵庫両県が10人。最少は山梨、愛媛、佐賀各県の1人だった。

17政令市議選の女性当選者数は178人で全体に占める割合は17.4%となり、過去2番目に多い水準だった。

統一地方選が始まった1947年の都道府県議選の女性当選者数は22人。全当選者の1%に満たず、その後も80年代までは1%台にとどまることが多かった。女性の社会進出にあわせて地方議会で活躍する女性は増えているものの、なお低い水準にとどまっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン