/

この記事は会員限定です

政府、大手町でビル再開発 完成後2000億円超で売却

[有料会員限定]

政府は東京・大手町の国有地を再開発する。都市再生機構(UR)が32階建てのオフィスビルを建設し、国の委託先がテナントを固めた後、不動産会社や投資ファンドなどに売却する計画だ。国有地を再開発後に売却する手法は初めてという。売却額は2000億円を超えるとみられ、国有財産の売却額として過去最高規模になる見通しだ。

売却額が大きかった案件としては、一般競争入札で約1800億円で落札された東京・六本木の「防...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン