厚労省、「健康ポイント」で指針 現金還元容認も罰則型はダメ

2015/6/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は健康づくりに取り組む人が特典をもらえる「健康ポイント」制度の普及を促す。今夏に検討会を設置し、来年3月までに指針をつくる。健康保険組合などが導入しやすいように、現金や保険料の割引を特典にできることを明確にする。一方、特典欲しさに受診を控え、症状が悪化しない仕組みを求める。国民の生活習慣を改善し、医療費を抑える。

健康ポイントは個人の運動、食生活の改善といった取り組みや体重の減少に応じ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]