外相、今秋の訪ロを検討 大統領来日へ地ならし

2015/6/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本、ロシア両政府は、岸田文雄外相が今秋をメドにロシアを訪問する検討に入った。ロシアが求める日本企業の経済ミッションの同行も検討する。プーチン大統領の年内来日の実現に向けた地ならしとし、経済関係の強化をテコに北方領土問題の進展につなげる狙いだ。ウクライナ問題でロシアへの圧力を強める米国とも調整しながら、訪ロ時期を最終判断する。

日ロ両政府は昨年4月にも岸田外相の訪ロを調整していた。しかしロシアの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]