/

この記事は会員限定です

介護保険負担の収入連動「反対」 経団連が提言

[有料会員限定]

経団連は13日、社会保障制度改革の提言をまとめた。収入の高い大企業の会社員らの介護保険料負担が増える制度の導入に「反対する」と明記した。政府・与党は社会保険料や税金を国民の反発が比較的少なく、給料から天引きできる大企業社員や公務員ら「取れるところから取る」姿勢が目立つ。旗色の悪い経団連は反対姿勢を鮮明にし、負担増を阻む考えだ。

介護保険料は大企業の「健康保険組合」や中小企業の「協会けんぽ」など医療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン