エジプトの教育支援に186億円 外相、大統領と面会

2017/9/12 19:28
共有
保存
印刷
その他

 【カイロ=林咲希】中東を歴訪している河野太郎外相は12日午前(日本時間同日午後)、エジプトのカイロでシシ大統領と面会した。日本式教育を導入する学校の校舎建設や教育研修への支援で、約186億円の円借款を供与すると決めた。教育支援をすることで、若者の失業率を改善し、貧困の解消とテロ組織への人材流入を防ぐ狙いだ。

 校舎の施設整備費や運営費、教員の能力向上のための研修費などに充てる。エジプト全土に日本式教育のモデル校を広げたい考えだ。掃除、手洗いから、工学などの高等教育まで幅広く人材育成に貢献する方針だ。

 高度な科学技術教育を後押しする「エジプト日本科学技術大学(E―JUST)」に約10億円を無償資金援助することも表明した。教育・研究機材の導入などに充てる。

 河野氏は「日本は中東での人材投資にもっと協力を拡大していく」と強調。中東は若年層の人口が多いが、失業率が高く、経済状況が悪いことで過激思想に陥る若者も多い。教育や職業への支援は、若者のテロ組織への参加を防ぐ期待もある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

外務省政府河野太郎教育支援エジプトカイロ中東

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 16:46
22日 20:18
関東 16:46
2:22
東京 18:34
15:28
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 17:00
2:18
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報