2019年5月24日(金)

インドへのビザ発給緩和 政府、観光客増狙う

2015/12/12 20:51
保存
共有
印刷
その他

政府は来年1月11日からインド国民に、日本に何度も入国できる数次査証(ビザ)の発給要件を緩和する。有効期限を3年から5年に拡大し、毎回最大で30日間滞在できるようにする。これまでは15日間だった。先進国(G7)へ複数の渡航歴がある人が対象で、所得制限は設けない。12日の日印首脳会談で合意した。

2014年に日本を訪れたインド人は約8万8000人。前年より2割増えており、今後も増加が見込まれる。ビザ発給の緩和で観光客の増加を狙う。首脳会談では、今後5年間で1万人の留学生や研修生を日本に受け入れる方針も決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報