15年度予算案、最大の96.3兆円 税収増で赤字減

2015/1/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は12日、2015年度予算案を一般会計で総額96兆3400億円とする方針を決めた。14年度当初予算に比べ4600億円増え、過去最大となる。歳出は膨らむが税収が増えるため、新たな国債の発行は同10.6%少ない36兆8600億円に減る。歳入に対する新規国債発行額を示す国債依存度も同4.7ポイント低い38.3%に下がり、当初予算としては6年ぶりに40%を下回る。14日に閣議決定する。

税収と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]