/

サハリン州知事「北方領土共同開発の提案用意」 道知事と会談

北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のコジェミャコ知事は12日、北方領土の日本との共同開発について「ロシア政府としてこれまでも提案してきたし、今後も提案の用意がある」と述べた。札幌市の北海道庁で高橋はるみ道知事と会談後に共同通信の取材に答えた。コジェミャコ氏はロシアのプーチン大統領の信任が厚いことで知られる。

ロシアの法律に基づく北方領土の共同開発に日本企業が参画すればロシアの管轄権容認につながるとして日本政府は慎重な姿勢を維持してきた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません