/

民主、「駆けつけ警護」など容認 PKO参加の自衛隊

民主党は12日の安全保障総合調査会などの合同会議で、国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊について他国部隊や民間人を助ける「駆けつけ警護」や、任務遂行のための武器使用を容認する方針を確認した。停戦合意成立や中立的立場の厳守などの「PKO5原則」を守り、緊急で他に代替手段がないことなどを条件とした。

PKO活動で自衛隊が宿営地を他国部隊と共同で防衛することや、武装解除などの任務ができるようにする法改正をめざす方針も確認した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン