2018年5月23日(水)

ピクセラ株などでインサイダー 監視委、課徴金勧告

2016/7/12 19:16
保存
共有
印刷
その他

 証券取引等監視委員会は12日、画像処理機器のピクセラ株と省エネルギー事業の省電舎株、オンラインゲームガーラ株の3銘柄でインサイダー取引をしたとして、愛知県春日井市在住のOakキャピタル元社員の40代男性に課徴金79万円の納付命令を出すよう金融庁に勧告した。男性はピクセラなどが第三者割当増資などをすることを公表前に知り、不正に買い付けた。

 また監視委は12日、ピクセラ株でインサイダー取引をした愛知県瀬戸市の60代男性会社員と名古屋市の30代男性会社役員、利益を得させる目的で未公表の重要情報を2人に伝えた東京都港区のユークリッドキャピタル役員の30代男性に対して、それぞれ課徴金247万円、878万円、562万円の納付命令を出すよう勧告した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報