/

副大臣と政務官も法務省と内閣府兼務 秘密保護法を担当

政府は12日の閣議で、葉梨康弘法務副大臣が内閣府副大臣を、大塚拓法務大臣政務官が内閣府大臣政務官をそれぞれ兼務する人事を決めた。内閣改造で特定秘密保護法の担当が松島みどり法相になった。副大臣と政務官も法務省と内閣府を兼ねる形で松島氏を補佐する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン