/

原発比率の策定加速を 経団連会長、環境相に要請

経団連の榊原定征会長は12日午前、望月義夫環境相と会談し、2030年までの温暖化ガス削減目標の策定に向け、原発比率を含めた最適な電源構成(ベストミックス)を詰める作業を加速するよう求めた。実現可能な削減目標をつくるため、企業・業界ごとの目標の積み上げを重視すべきだと強調。特定の年からの削減率に決してこだわるべきではないとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン